HOME > スタッフ紹介

TAMAKI STUDIO     TAMAKIフラメンコ舞踊教室

講師紹介

TAMAKI

秋田県出身。舞踊家&カスタネット演奏家。
現在、TAMAKI STUDIOを主宰、舞踊家としての評価はさることながら、“愛”をテーマに創り出す創作舞踊の評価は新聞、舞踊関連の雑誌で数回取り上げられる。また、世界でも少ないカスタネットミュージシャンとして現在活躍中、チャリティー・ディナーショー、リサイタル、ライブ公演で人々を魅了し続ける。
CD“セビリアの風”販売。また、障害者、高齢者を訪問してのボランティア活動も精力的に行う。

お読みください!

講師のブログ記事は毎週日曜日に更新されます。
履歴などから再検索された場合更新されていない記事が表示されることがあります。
再読み込み(F5)をされるか、新規に検索するか、キャッシュを空にするという作業で最新のブログが表示されます。

Tamaki 近状報告ブログへ

******TAMAKIの近況報告*******





みなさん こんにちはTamakiです。
みなさんはレッスンを楽しんでますか?

毎日暑いですね。。。
アトリエの控室はレッスンが終わった生徒さんの熱気と
外からやっていた生徒さんの熱気で、
熱気バトルの感じです。

先週は嬉しいことにアトリエに生徒さんが
3人入会してくれたんですよ。
新しい仲間が増えて、益々楽しくなっております♪

しばらくレッスンに来れなかった方がオープンに訪ねてくれて
お菓子を持って来てくれたり、
HPを観てスタジオを気に入ってくれて入会してくれる方、
1年以上ぶりに電車に乗りました〜っといいながら、
頑張ってレッスンに来て下さる方。
たくさんの愛情と絆でタマキスタジオは
ほんわかムードです☆♪

人生はいろいろあって、お稽古を一時諦めなければならない時もあるかもしれません。。
でもね、私も、講師も、スタッフ一同、いつでも、いつまでも生徒さんが戻ってこられるようにお待ちしております♪
レッスン場のドアを開けたら、お休みしていた時間がすぐに消えてしまうように☆!です。
情熱と愛情過多なスタジオですね☆♪

私たちのフラメンコはそんなフラメンコですから♪!
今日も楽しいレッスン頑張ります!!

では、今週も私の大切なみなさんが素敵な時間を過ごせますように☆♪
また、みなさんが心から安心して過ごせるように、
お祈りします。

田丸 陽(芸名 マリアーノ)

TAMAKI舞踊団所属

舞踊手・振付・ギター・カンテ
アジア・九州コンクール出場。
TAMAKI STUDIO公演「人魚姫」を皮切りに、東京公演の全ての作品に演出と構成で参画。静岡花博公演にて感謝状。北海道大学総合博物館・企画展「日本におけるフラメンコ受容史」に参加。TAMAKI舞踊団振付主任。アトリエレバンテプレミオクラス担当。
TAMAKIフラメンコ舞踊教室の振付も担当する。

セビリア国立舞踊学院学長 ホセガルバン、他に師事

舞踊団のダビンチ?アインシュタイン?ともかく彼は天才です☆♪

******田丸 陽の近況報告*******




音材を欲しがるかたが多いですが、フラメンコの勉強の仕方としてはあまり良くないことです。各講師が説明してると思いますが、フラメンコの音の取り方は独特なので、授業で正しい取り方を覚えるのが先で作品の半分が練習出来てから音を渡すのが基本方針です。 そのように練習した人ほど正しくコンパス感を身に着けていけます。音材を頼りにやっていると現場での生での演奏に弱いダンサーになっていきます。理由は、頭に音が先に入ってしまいそれをもとに行動するので違う音や違う聴こえかたに対応出来ないのです。違うフレーズや違うコード、時にはサイズに迄現場で変えて行くのが生のフラメンコというものです。それがちょっと変わっただけで分からなくなるとしたら音楽の把握力が弱いからです。 そこを鍛えるには「コンパスから発想する練習」を積まないといけないのです。 練習量があっても弱いままであればその原因は振りを覚えてそれをフラメンコだと思ってしまうからに他なりません。「コンパスから発想する」には、「コンパスから記憶する」という日々の練習が大事です。スペインで言うマノイマノでの音楽との取り組みが大事ですね。 毎回授業で失敗することです。授業中に優秀でなくても構いません。皆さんが無茶苦茶だって講師は誰も怒らないでしょう?むしろ授業で何度も失敗したほうが卒業制作は素晴らしいんじゃないですか。それって天才っぽい。 出来るようになってから、進みましょう。
話を音材に戻すと、あれは自分のオリジナル音材ですからお渡しするのは簡単です。しかし皆さんの勉強のためには、せめて全部聴かず厳密に復習専用にすることをおすすめします。ほかのフラメンコ教室を見渡しても音を先に渡したがる教室は少ないと思います。そういう教室があるとしたらコンパス教育に自信がないか、振りうつしを指導であると思った教師の「指導内容の無さ」を露呈しているのです。例えばどこの語学教室に文法を教えず例文暗記だけで乗り切らせようという教室があるでしょう。それでどうにかなるのは中学校の定期テストくらいです。勿論覚えなければどうにもなりませんが、それでどうにかなる以上の世界がありますからね。
また、この例に当てはまらないのはオープンクラスです。オープンクラスはコンパス感覚の要求が極めて低く、フラメンコ的な要求はほとんどフィグーラですのでフラメンコに楽しく容易に親しむのに最適です。オープンクラスの内容を深化させるとしたら正確な形に尽きるので、逆に上手に躍るのは難易度が凄くなりますが舞踊の音楽性は単純です。去年もそういう話を講師にはしてあるので皆さんにも伝わっているかとは思うのですが、自分が講師を指導してる時の言葉が講師が理解出来ないことも多いようなので何度も形を変えて言わないといけません。 然るにここの記事を勉強熱心なかたは読んでおられる様子なので、クラス内容と被るかもですが、フラメンコの内容に関わるお話をいたしました。要約ですが音材は焦って手に入れるほど下手になります。有効な利用法は厳密に復習に使い、音楽的な理解は実際のクラスでの体験を百回二百回と続けてください。それが本物のフラメンコの道です。それほど蝸牛の歩みであっても1年をかければ通して復習する時間もあったでしょう? 安心してゆっくり練習してください。 江戸の気忙しさでやっつけてしまいたいんでしょうけど、まあそこはゆっくりと。蕎麦もたくるほうは呑み込みゃいいけど作るほうは聞けば存外手の込んだものです。返しを3日以上寝かす甕を土に据え込んでなんて話も、プロだけがやることと思ってたらお母様が蕎麦打ちが趣味だったという方のうちにはその甕が在ったと言うんですから、驚きます。威勢を張るんだったら見えないとこから仕込みましょう。由来江戸の商売というのは川越の本物を厚く切って出すと言ったような「良い商売」ていうのがあってこれは儲かりまっかの逆の世界です。儲けなんて喰えりゃあいいってもんできおいで良い物を出す。商売は本来利益追求(資本主義原則)なのにね。意地張った末に原価割れ。これじゃあ関西には勝てない。え、勝てなくって結構じゃあないですか!凄いバカさで資本主義までポーンと乗り越える江戸の散財っぷり。頭がすっからかんだから出来るいさぎよさ。その代わりと言いますかもう江戸の話は読んでると貧乏でしょうがないですよ。蕎麦屋で酒を飲む江戸の伝統も、まあ貧しいもんです。「蕎麦屋は蕎麦で稼いで酒では稼がない。だから酒を薄めず出すから偉い」って。酒薄めるって、日本酒ですよ?まあ今の居酒屋も凄いサワーを出して来ることありますよね。発色の鮮やかな謎のフレーバー水道水みたいなの。 とまれ当時の居酒屋は日本酒酒をどんどん薄めて出す。これはもとは不正ではなく濃い目の「原酒」というものを現地で水で割るという輸送方法であったのですが、それを卸した先でまた割って店先でまた割ってと繰り返していたらしいのです。こうなるともう、不正ですね。利益を上げようとすれば大概不正につながるのです。これを知ったとき日本酒が水割りに耐え得るという発想に衝撃を受けましたよ。そして色んな種類を試したところ、吟醸や大吟醸ではなく純米酒が一番「日本酒の水割り」に合うと思いました。吟醸や大吟醸は薄めると本当に水になってしまい香りだけが残ります。普通の純米のほうがくどい味や香りが薄まっても主張を残してくれて面白いんです。そして結構この「水割り」を気に入って毎日飲んでいます。例えば普通なら酒を毎日飲めば肝臓が心配でしょう?ですが暑い日が続けばこれも、また止むかたないでしょう( ´ ▽ ` ) 飲んじゃえ飲んじゃえってなふうにするときの、ひと工夫です。 日本酒と水を冷蔵庫に冷やしておいて、帰って来たらそいつをクーッと飲みます。 コップに日本酒1/4あと3倍の水を入れて、飲みます。そのまま飲むんじゃないんで酒って感じはしないんですが、なにしろ暑い中歩いて来たわけですから、薄めた酒風味の水がごくごく飲めて爽快です( ´ ▽ ` ) しかもそこはやはり酒。ですから胃もゆっくりあったかくなって来てじんわり優しく食欲も湧きます。 ビールとは違う効き方ですよ。空きっ腹の運動あとっていう状況なんで効くのでしょうね。水のように薄めたのに、いつのまにかほろ酔い。そこで元気が出たら菜でも誂えて、さアもう一杯。 但しここでも日本酒を生地のまま飲まずまた水で割る。 肝臓を守るのに大事なのは一日の酒量を越えないことと水を同時に補
給することですからね。酒の甜味と麹の風味がぎりぎり残った「水」にするなら…毎日飲んだって肝臓も脱水しないでしょう!…マアそう祈ります。 なかに金魚を入れても泳いでられる酒。是即ち金魚酒。 毎日飲むだめなかたにおすすめしときますね( ´ ▽ ` ) ↓コレ

TAMAKI STUDIOのエストレージャ達


富士 琴音(芸名 ヘレナ)

TAMAKI舞踊団所属。

スペイン大使館後援・秋田テレビ後援「小町~KOMACHI~」公演。
TAMAKI STUDIOライブ~情熱 PASION~公演、杭州・上海奨励公演、~新春フルコ-スランチとスペイン舞踊の午後~
スペイン大使館後援/スペイン観光局協力など多数出演。
ボランティア活動も意欲的に参加
楽器:カスタネット・カホン・ギター
海のように寛容な心の持ち主。彼女は舞踊団の母♪

~琴音先生より~
「フラメンコは年齢不問。スペインセビージャ地方の春祭りの踊りをはじめ、様々なジャンルを初心者でも優しくレッスンできます。楽しく続ける事が上達への近道。そして、いつの間にか健康と締まったボディーがあなたのもとに!」

******富士 琴音の近況報告*******


 

皆様!こんにちは。

アッツイですね。
梅雨が空けましたね!
本格的な夏到来!熱中症に気を付けましょう。
夕方になって涼しくなったと思ったら、ミーンミーンと蝉の声が聞こえてきました。

先週の土曜日、西台イオンカルチャースクールのレッスンを新講師に引き継ぎました(写真)

このブログでも、紹介していたとおり、楽しいクラスでしたし、課題曲の「ビバエルアモール」も好きだったので残念でしたが、「来年の発表会でお会いしましょうね!」をお別れの言葉に残してきました(^_^)v

さて、アトリエにはカスタの新クラスができました。
今回の課題曲は『死の舞踏』カミーユ・サン=サーンスの作曲した交響詩です。
カミーユ・サン=サーンス(写真)1835年フランスに生まれ、1921年に没したので今年2021年は没後100周年。今年この曲に巡り会えたのも何かのご縁を感じます。

「死の舞踏」は、サン=サーンスの作曲した曲では最も有名な作品、劇的、ドラマチックで鳥肌がたちそうな曲です。

これを演奏されるのはオープンクラスから「カスタを習いたい」とご希望のTさん。

体験レッスンでは、曲に、カスタに、感動し、「楽しかったー!」とおっしゃっていました。

さて、このクラスは主にカスタネットの演奏に特化したクラスです。今、このクラスはお一人様です。
どなたか一緒にやってみたい!!と言う方いらっしゃいませんか?
レッスンは土日に月二回。1回45分で行っています。

これから、レッスン始開始します。今がチャンスです。お待ちしています\(^^)

では、また、来週!

板倉邦子(芸名 マヌエラ)

TAMAKI舞踊団所属。

TAMAKI STUDIO定期コンサート~夢~公演、ライブ活動としては 秋田観光局依頼・湯沢市長後援「七夕~真夏のフラメンコ~、ホテル インターコンチネンタル東京ベイ、ザ ストリングス表参道、スペイン料理店びいどろ吉祥寺、西日暮里アルハムブラ、目黒 東京倶楽部 。またテレビ東京『モアモアさま~ず2』に助演など。
楽器:カスタネット・タンバリン
元、銀行員だった彼女は数字に関することに対しては厳しい面も☆!

~板倉先生より~
「様々な曲をお気にいりのファルダ(スカート)で踊ってみませんか?きっといつもと違う貴女の魅力が発見できるはず!初心者の方も大歓迎です。一緒に素敵な時間を過ごしましょう~」

******板倉邦子の近況報告*******





梅雨明けしたら毎日本当に暑いですね(^_^;)私は暑いのはとても苦手なので、毎日クラクラします(-_-;)

梅雨明けしたので、今年もつけておいた梅を外に!今回は「はちみつ漬けの梅干し」と「赤紫蘇の梅干し」の二種類を作っています(^o^)

しばらくお休みしていた自家製ぬか漬けも復活!暑くなるとお漬け物がいつも以上に美味しく感じます♪

我が家のベランダの野菜達もぐんぐん育っています(^o^)
毎日ベランダに出て「収穫出来るのあるかなぁ」と眺めるのがとても楽しいです♪夏真っ盛りになり、これからが益々楽しみです(^^)
ただニンジンだけはやはりプランターでは無理みたいです(^_^;)ニンジンの赤ちゃんみたいなのが出来上がりました(^_^;)まぁ、サラダとかにはいいですかね☆

小さなベランダでたくさんは出来ませんが、自家製野菜が食べれて幸せな気分です♪


芸名 エルバ

TAMAKI舞踊団所属

Tamakiのリサイタル公演,中国杭州、親善公演をはじめ、ボランティア活動も意欲的に参加
ライブ活動 ~スペイン舞踊の調 ~MUSICASA(ムジカーザ)、~ Flamenco Lunch ~スペインクラブ銀座、JZ Brad(渋谷セルリアンタワーホテル)など
楽器:カスタネット・タンバリン
チャーミングでキュートな彼女はユーモアも持ち合わせた頑張り屋さん

~エルバより~
楽しくそして思いっきり自分自身を解放すれば、きっと新しい自分に出会うことが出来るはず!
元気な私、セクシーな私、情熱的な私、フラメンコを通して、色んな私を発見していきましょう!

芸名 パウリーナ

TAMAKI舞踊団所属

~スペイン舞踊の調 ~MUSICASA(ムジカーザ)
楽器:ギター・カンテ研修生
パワフルな彼女ですが、性格はとっても素直で子供らしい面も♪!

芸名 リタ

TAMAKI舞踊団所属

現在、打楽器奏者としてプロ活動。
舞踊団になったばかりです。
楽器:打楽器全般
気遣いの天才。本当に彼女には隙がないんです☆!


TAMAKI フラメンコ舞踊教室 お問い合せ・場所

◆ アトリエ レバンテ 荻窪校
〒167-0032 東京都杉並区天沼2丁目
  (JRまたは東京メトロ丸の内の荻窪駅北口より徒歩8分)

◆ オープンコース(TAMAKI STUDIO 中野フラメンコスタジオ)
中野区勤労福祉会館 地下 多目的ルーム
住所: 〒164-0001 東京都中野区中野2丁目13-14
 (JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口より徒歩5分)
電話:03-3380-6946

◆ 事務所 
150-0031 東京都渋谷区桜丘町27-1
エグゼクティブ渋谷305号
   (渋谷駅南口 徒歩6分 セルリアンホテル裏 JR線 山手線 埼京線 銀座線 半蔵門線 東横線)
TEL/03-5459-3268  FAX/03-3462-6500

◆ お問い合わせは こちらから!
  フラメンコ教室 フラメンコスクール TAMAKIフラメンコ舞踊教室 代表 佐々木環

最新動画





最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ
最近動画 >>こちらへ

過去の動画

Hot Information




●Tamaki舞踊フラメンコ教室は”ソトコト”で優秀ランキングのお教室として紹介されました。

●テレビ東京 「モヤモヤさま~ず2」でタマキスタジオが紹介されました☆!




●Tamakiフラメンコ舞踊教室のレッスンメソッドはダイエット、バランスの良い身体をつくります。
女性雑誌”美的””ボディ+”などでレッスンメソッドが紹介されました。
※写真あり 好きな写真を使ってください


● スタッフblog更新中!
タマキスタジオ講師陣はみな楽しくって情熱的・・・
そんな先生たちの素顔や想いをほぼ週更新のミニブログでチェックしてみよう!
スタッフ紹介は >>こちら


●キッズフラメンコ
踊りが大好きな子集まれ~ちょっとお洒落なフラメンコダンスをしてみませんか☆

荻窪クラス
水曜日17:00~18:00

西台イオンクラス
土曜日10:10~11:10

●体験・見学随時
~TAMAKI STUDIOの入っているカルチャースクール~
●東京アスレチッククラブ(中野)・朝日カルチャー(新宿)
  初級/中級 日曜 13:30~15:00 90分
●NAスポーツ(笹塚)入門・初級・水曜 19:45~21:00
●NAスポーツ(笹塚)初級・水曜 20:30~21:30
●イオンカルチャークラブ(西台)キッズ/親子・土曜 10:10~11:10
●イオンカルチャークラブ(西台)入門/初級・火曜 19:45~20:45
●イオンカルチャークラブ(成増)入門/初級・木曜 11:00~12:00

お問合せ下さい
>>こちら

☆4月より新規募集☆
>>こちら


Photo

フォトギャラリーです。
月に1回くらい新しくしています。 見てね!

>>最近の写真はこちらへ


オープンクラス

さあ、頑張って参りましょう☆!
初めての方も安心して参加してください。優しくご指導を致します。

>>詳細はこちらへ


プロフィール

フラメンコ界に現れた オコジョ(=TAMAKI)は雪国そだち!
白肌で気品をなにより大事に考える小粋なタイプ☆

>>詳細はこちらへ



ボランティア活動

Tamakiスタジオはバイラオーラ佐々木 環を中心に日々、フラメンコ舞踊の訓練・研究をしております。

>>詳細はこちらへ